男性不妊症・男性更年期障害・泌尿器科の検査・ご相談は土曜日も診療、天神つじクリニック

男性不妊症

男性不妊症検査の意義

まずは男性から検査を

希望されて、1年たっても妊娠の兆しがなければ、まずご主人が不妊症の検査をうけましょう。なぜならば、奥様の不妊検査には身体的苦痛を伴いますが、男性の不妊検査にはなんの苦痛もないからです。そして、不妊の原因の約50%は男性に不妊の原因があるからです。

夫婦で行なう不妊治療検査項目

子育てと同様に不妊治療もご夫婦が力を合わせて行うものです。
女性側に問題があっても、精子の質を向上させることにより、奥様の治療をより軽いものにでき、それは生まれてくるお子さんへのリスク(先天異常など)を減らすことにもつながります。

また、男性の不妊症の裏に重大な病気が隠れていることがあります。
例えば、不妊症の男性は精巣腫瘍(睾丸の癌)にかかりやすいことがよく知られています。