男性不妊症・男性更年期障害・泌尿器科の検査・ご相談は土曜日も診療、天神つじクリニック

男性不妊症

男性不妊最新ニュース

子供が欲しいならプロペシアは一時中止を!

プロペシア(フィナステリド)を服用していると、精液所見が悪くなることは良く知られていましたが、添付文書の副作用にも「男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)」が追加になりました。
お子さんを授かられたら、またのんでいいですから、子作りの間はプロペシアは中止しましょう。

顕微授精の前に精索静脈瘤を手術すると妊娠率が向上し、流産も減る!


精索静脈瘤を手術すると自然妊娠のチャンスが2.8倍高くなるなど、男性不妊患者さんにおける精索静脈瘤手術の治療効果は明らかですが、体外受精/顕微授精の際にも手術をしたほうが良いのかははっきりしていませんでした。

10月号の米国泌尿器科学会雑誌(Journal of Urology)に顕微授精の前に精索静脈瘤手術をした患者さんとしなかった患者さんの治療成績の比較が報告されています(J Urol 2010; 184: 1442)。

精液所見が不良で精索静脈瘤を認めた242人の不妊男性における顕微授精の治療成績の比較です。80人は顕微授精の前に「そ径下精索静脈瘤手術(当院でおこなっているのと同じやり方です)」を受け、162人は手術しないまま顕微授精を施行されました。精索静脈瘤手術を受けたグループでは運動精子の数が増え、精索静脈瘤手術を受けなかったグループと比較すると妊娠率は45%に対し60%と高く、生児の分娩率(出生率)も流産が減ったことにより31%に対し46%と良好でした。 

精液所見がたとえ自然妊娠が望めるところまで改善しなくても、精索静脈瘤手術を受けることにより顕微授精の治療成績が向上するという結果です。これまではどうせ顕微授精を受けるのであれば、精索静脈瘤があっても治療しないという考えかたが大勢を占めていたのですが、どうも顕微授精前にも精索静脈瘤手術を受けたほうが良さそうです。また、顕微授精を繰り返してもなかなか妊娠しないとか妊娠しても流産するという場合には、さらに顕微授精をやる前に精索静脈瘤がないか診察してもらうが賢明ですね。精索静脈瘤手術は生命保険の手術給付も受けられます。

精子のDNA損傷が精索静脈瘤手術で改善され、妊娠率が向上する可能性!

男性不妊症、特に乏精子症や精子無力症に対する精索静脈瘤手術の有用性に関しては今までも紹介してきましたが、精索静脈瘤手術による精子のDNA損傷の改善が、妊娠率の向上と関連するとういう研究報告が、世界で最も権威のある泌尿器科の学術雑誌Journal of Urology[2010;183(1):270-4]に発表されました。

この研究では、不妊期間が1年以上で、精索静脈瘤を触れる精子無力症(運動率が50%未満)の患者さん49人を対象に、手術前後の精液所見と精子のDNA損傷の程度を分析し、術後2年間の妊娠率を追跡調査しました。手術前後で、精子数は1830万から4440万へ、精子濃度は480万/mLから1430万/mLへ、直進運動精子率は16.7%から26.6%へ増加しました。さらに、DNA fragmentation index(DNA損傷の程度を表す指標)も35.2%から30.2%へ改善しています。術後の精子濃度の改善が50%以上だった患者さんは49人中31人(63%)で、37%のカップルが自然に、24%がART(生殖補助医療技術)}により妊娠していますが、妊娠しなかったカップルでは術後のDNA fragmentation indexが有意に高かったと報告しています。

この研究の最大のポイントは、精索静脈瘤手術が精子のDNA損傷も軽減し、それと妊娠の関連性についても言及した点です。精索静脈瘤手術の意義は、精液所見を改善することにより、より自然な形での妊娠が可能になり、不必要な不妊治療やリスクを減らすことにあります。精子のDNA損傷を調べる方法はまだ一般的ではありませんが、この分野の研究がさらに進み、日常の診療に役立つ日が来るのもそう遠くはないかもしれません。

Microdissection TESEの結果をみても無精子症に精索静脈瘤手術は効果あり!


これまでもこのコーナーで非閉塞性(原発性)無精子症でも精索静脈瘤があれば手術したほうが良いというデータを紹介してきましたが、ついに顕微鏡下の精巣内精子回収術(microdissection TESE)を受けた患者さんで精索静脈瘤手術の有用性を比較した論文が世界で一番権威のある泌尿器科の学術雑誌Journal of Urologyの最新号(10月号)に発表されました(J Urol 2009;180:1500)。

非閉塞性無精子症でmicrodissection TESE(MD-TESE)を受けた患者さんのうちTESEの前に精索静脈瘤手術を受けた66人と受けなかった30人を比較しています。精索静脈瘤を受けた患者さんの53%でMD-TESEにより精巣内に精子が見つかったのに対し、手術を受けなかった患者さんでは30%にしか精子が見つけられず、明らかに手術したグループで精子が見つかる確率が高いことが分かりました。さらに精子が見つかった患者さんの顕微授精の結果をみてみると、受精率は手術グループの63.9%に対し手術しなかったグループでは53.6%、妊娠率も手術グループ:31.4%に対し手術しなかったグループ:22.2%と手術したほうが良い結果のようでしたが、これは統計学的には明らかな差とはいえないようです。

精巣内で精子が作られていない非閉塞性無精子症でも、精索静脈瘤があるならMD-TESEの前に精索静脈瘤手術を受けたほうが良いとの結論になりますが、実は今回の比較には精索静脈瘤手術の後に精液中に精子が出現した患者さん達は含まれていません。この方々を含めると非閉塞性無精子症における精索静脈瘤手術の有用性はさらに高く評価されるものと考えられます。

自然な妊娠を目指すなら精索静脈瘤に注目!


今年4月に開催された米国泌尿器科学会での研究報告からのニュースです。

精索静脈瘤の手術が男性不妊症の有効な治療であることは良く知られていますが、最終的な妊娠率への効果までを検討したデータは多くありませんでした。

このカナダからの報告では、両側に精索静脈瘤がある不妊男性で顕微鏡下に両側の精索静脈瘤手術(顕微鏡下精索静脈低位結紮術)を受けた157人と手術を受けなかった81人を比較しています(平均観察期間は40ヵ月)。

結果は手術を受けたグループでは手術後に精子数と精子運動率が明らかに改善し47%が自然妊娠しましたが、手術しなかったグループでは23%しか妊娠出来ませんでした。さらに手術しなかったグループでは62%がART治療(=体外受精/顕微授精)に進んでいましたが、手術をしたグループは32%だけでした。

精索静脈瘤手術を受ければ自然な妊娠が無理でも奥様や生まれてくるお子さんへのリスクが低い不妊治療で妊娠できるようになることが期待されます。精液所見が不良といわれたら、精索静脈瘤がないか調べてみましょう。

抗うつ薬が精子DNAを損傷する!


インターネットのニュースで、SSRIという種類の抗うつ薬が精子へ悪影響をおよぼすと話題になっています。<http://www.newscientist.com/article.ns?id=mg19926754.500

SSRI(抗うつ薬)は日本でも一般的に使われており、非常に良いお薬です。ただ、私もこの薬を服用しておられる患者さんで二人ほど精液所見が不良なことがあり、薬を中止すると改善傾向になることを経験していましたので、このニュースもそういう話だと思っていました。

しかし、内容を読んでみるとコーネル大学で35人の健康な男性にSSRIであるパロキセチンを5週間服用してもらい、その前後で精子を調べたところDNAフラグメンテーション(DNAの損傷)の比率が13.8%から30.3%に上昇したという報告でした。DNAフラグメンテーション30.3%というのは結構悪い所見ですが、それより驚いたのは精子の数、運動率、形態は正常だったという結果です。つまり、一般的な精液検査ではSSRIの精子への悪影響を判断できないということになります。

男性不妊症でSSRIを服用しておられる患者さんについては、精液所見が正常でもDNAフラグメンテーションを調べなければならないのかと考えますが、一方でタバコの精子への傷害に比べれば大したことないとも思います。SSRIはとても良いお薬で、うつの治療のためにどうしても中止できない患者さんもいらっしゃいます。不妊症の治療のために、SSRIを中止するかの判断をするときには精子のDNAフラグメンテーションを調べるべきかもしれません。

精索静脈瘤の手術で非閉塞性無精子症の造精機能が改善した!


精巣で精子が作られていない非閉塞性(精巣性)無精子症の患者さんでも、精索静脈瘤の手術で精液中に精子が出現することがあることはこのサイトの「無精子症」の解説で紹介しています。

今回の話題は、精巣内を顕微鏡で見て徹底的に精子を探すmicrodissection TESEでも精子が見つからなかった患者さんに、精索静脈瘤の手術を行い、精液中に精子が出現したという世界初の報告です(Urology 2008; 71: 1226)。患者さんは35歳のカナダ人男性で、両側の精巣のmicrodissection TESEをしても精子が見つからなかったのですが、その4ヵ月後に精索静脈瘤手術を受けたところ、精液中に少数ながら精子が出現し、それは少なくとも2年間続きました。

精索静脈瘤手術の有用性を婦人科の先生や一部の泌尿器科医は疑問視していますが、この手術で造精機能が改善することがあるという事実は明らかです。今回の報告からも、非閉塞性(精巣性)無精子症の治療の選択肢にtese前後の精索静脈瘤手術が加わりました。無精子症の適切な治療は泌尿器科医にしか出来ないことをご理解いただけると思います。

アメリカでも男性不妊は無視されてる?


今回は今年5月にオーランドで開催された米国泌尿器科学会の年次総会の発表から不妊専門医療機関における男性不妊の取扱いについての話題です。

体外受精/顕微授精を行っている不妊専門医療機関の280のウェブサイトを調べたところ、男性不妊についてふれていたサイトは56%ありましたが、不妊治療チームのメンバーに泌尿器科医が含まれていた医療機関は7%しかなく、泌尿器科にリンクしているサイトも5%だけでした。

また、精管結紮術(パイプカット)後に挙児を希望した場合の治療法の一つとして精路再建術があることを記載していたサイトは14%しかなく、あろうことか男性不妊症の検査や治療を思いとどまらせるような言い回し(男性不妊の治療は時間ばかりかかって、欲求不満がたまるなど)が11%にみられました。

米国でも、日本でも、男性不妊症は軽視されていますね。この記事を読んでいる皆さんはすでに理解されていると思いますが、不妊の原因の50%は男性にもあります。男性不妊症の治療の重要性を少しでも多くの不妊カップルに知って頂けるようにこれからも情報を発信していこうと思っています。

ケータイの使い過ぎで精子に悪影響が・・・


今や携帯電話のない生活なんか考えられませんよね。でも、携帯電話が発生する電磁波が人体へ悪影響をおよぼすという説もあるようです。動物実験では電磁波が精巣(睾丸)機能を傷害することが明らかにされていますが、今回は私が以前勤務していた米国オハイオ州のクリーブランド・クリニックからの報告で、携帯電話の使用時間と精液所見の関係を調べた研究です。

男性不妊外来を受診した361人を4つのグループに分けて、精液所見を比較しています(携帯電話を使わない=40人、1日2時間以下=107人、1日2~4時間=100人、1日4時間以上=114人)。その結果、1日の携帯電話の使用時間が長いグループほど、精子数、精子運動率、精子生存率、精子形態のすべてが不良であることが分かりました。以前には精液所見が正常な人に5日間にわたって毎日6時間携帯電話をかけさせたところ精子の動きが悪くなったという報告がありますが(Urol Urogynaecol 2002; 19: 18)、今回の調査では携帯電話の過剰な使用は精子の数、生存率、形にまで悪影響を与えるという結果です。

携帯電話を1日4時間以上使う人が30%もいる一方で、まったく使わないという人も10%いるというのがいかにもアメリカらしいですね。日本では携帯電話は日常生活になくてはならないものなっていますが、携帯ヘビーユーザーは少しでも使用時間を減らすようにしたほうがいいようです。

バイアグラをのむと子供ができなくなる!?


子作りのプレッシャーのせいか、ここぞという日に限って元気が出ない「排卵日ED」の男性は少なくありません。そういう方にはバイアグラなどのED治療薬(PDE5阻害薬)がとても有効ですが、「バイアグラの服用は妊娠をさまたげる?」という記事を読んで、心配する声がありましたので、今回はこの話題を取り上げてみます。

この話題はFertility and Sterility という学術雑誌の昨年5月号に掲載された論文がもとになっており(Fertil Steril 2007;87:1064)、英国の研究者たちがシルデナフィル(バイアグラ)を混ぜた液のなかに精子を入れると、精子の動きは活発になるものの先体反応を起こす精子が増えることを明らかにしたと報じています。

先体は精子頭部の一番先端のところで、精子は卵子に到達すると先体内に貯蔵された酵素を放出します。これを先体反応といい、先体反応により放出された酵素が卵子を包む膜を融解することで、精子は卵子の膜を通過し、卵子と融合することができるのです。卵子に到達する前に先体反応を起こしてしまうと、卵子の膜を融解する酵素がなくなり、その精子は受精能力を失いますから、バイアグラは精子の動きを良くするものの、受精能力のない精子を増加させるということになります。

この論文を読んで直ちにバイアグラの服用を止めるのは馬鹿げています。この研究は試験管の中の精子の話で、われわれがバイアグラを服用することによる精子の変化ではありませんし、卵子に到達する前に先体反応を起こしてしまう精子が増えるといっても全体の10%くらいであったものがバイアグラにより20%に増えるという程度で、この違いがどれくらい妊娠率に影響するのかはまったく不明です。むしろ精子の動きが良くなることに注目すれば、1月の最新ニュースでも取り上げたように、精子の動きが悪い場合(精子無力症)にはバイアグラが有効な治療薬になるかもしれません。

米国泌尿器科学会の学術雑誌の先月号にはレビトラやバイアグラを6ヵ月間毎日(!)服用しても精液検査や性ホルモンに変化はみられないとする論文が掲載されています(J Urol 2008;179:1060)。EDで性交渉がうまくいかなければ月に1回のチャンスをみすみす棒に振ってしまうことになります。仮にED治療薬に多少なりとも妊娠率を下げる作用があったとしても、妊娠率が0になるとは思えません。今晩はちょっと自信がないかなというときには、無用な心配をせずにED治療薬の助けを借りてください。

包茎手術でエイズ予防!?


人類に深刻な被害をもたらし、いまだに感染が拡大しているエイズの対策に包茎手術が有効かもしれないという話題です。 2005年と2007年のアフリカでの研究で(計1万人以上の男性が対象になっています)、 HIVに感染していない(HIV陰性)男性がHIVに感染している(HIV陽性)女性と性交渉した場合の感染リスクは包茎手術を受けると50%から60%に低下することが分かりました(AUA=米国泌尿器科学会 News 2008年1月号)。

一方、HIV陽性の男性とHIV陰性の女性のカップル161組を追跡調査した結果をみると、包茎手術を受けなかった68組では最初の6ヵ月間で17.8%の女性がHIVに感染しましたが、男性が包茎手術を受けた93組でも27.3%の女性がHIVに感染しました。つまり、HIV陽性の男性が包茎手術を受けてもパートナーの女性がHIVに感染するリスクは減らないということになります。

世界的にみれば包茎手術でエイズの感染拡大に多少なりとも歯止めがかけられるかもしれませんが、女性は相手の男性が包茎手術を受けていても、いなくてもHIVに感染する危険性は変わらないようです。女性も男性も平等ですが、性行為感染症については女性は弱い立場と思われます。多数の男性との性的接触を避け、コンドームの使用を徹底して身を守らないといけないですね。

アメリカでも4,000万人がセックスレス!


アメリカのテレビで紹介されたセックスレスな夫婦の話題です。
 <クリックで番組を視聴できます>

1年間に10回以下しか性交渉がない場合をセックスレスと定義しますが、そうすると約4,000万人のアメリカ人がセックスレスな結婚生活をおくっていると推定されるそうです。セックスレスのご夫婦では、奥様かご主人に医学的問題があることがしばしばで、ベイラー大学泌尿器科のKhera医師が40歳から70歳の男性の52%、女性の43%がなんらかの性機能障害をもっていると説明しています。これらの障害を持つ人たちの多くは治療を受けません。しかし、治療を受けて状況が変化(改善?)することにより、セックスレスよりさらに夫婦関係が悪化することがあるそうです。そこで、この番組ではセックスレスはカップルの問題なので、治療は二人同時に受けるべきとすすめています。

この放送では奥さんが自分の手首にテストステロン(男性ホルモン)クリームを塗っているシーンが出てきます(女性でもごく少量のテストステロン補充により、性に対する意欲の復活が期待されます)。豊かなセックスライフは、お二人の気持ちにずれがあると叶えられません。日本でもこういうご夫婦が増えるといいですねぇ。

ED治療薬で精子の動きに変化が!?


子作りのプレッシャーから勃起障害(ED)となり、排卵日にはED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)を服用しているという方も少なくないと思います。最近、ED治療薬であるPDE5阻害薬の造精機能や精子への作用が注目されつつありますが、今回ご紹介するのは男性不妊症患者さんの精子運動への影響をみた論文です(Fertil Steril 2007; 88: 860)。

40歳以下の男性不妊症患者さん(EDはありません)18人に、薬をのんでいないとき、バイアグラ(50mg)を服用して1時間後、シアリス(20mg)を服用して2時間後に精液を採取してもらい、それぞれの精液所見を比較しています。興味深いことに、何も服用しない状態での精子運動率が28.5%であるのに対し、バイアグラを服用した後は37.0%と改善し、シアリスを服用すると21.5%と悪化しました。

今回の比較結果については、調べた患者さんの人数も少なく、そのままを信じて直ちにシアリスをバイアグラに変えたほうがいいというものではありません。しかし、同じPDE5阻害薬でもそれぞれ微妙に作用は違いますから、今後さらに研究が進めば、不妊患者さんにより適したED治療薬というものがでてくるかもしれませんね。

今すぐ禁煙を!


喫煙は万病のもとですが、男性不妊症やEDにも非常に悪い影響があります。禁煙によりEDが改善することはすでに証明されていますが、今回ご紹介するのはタバコをやめた翌日には陰茎の血液循環が改善しているという論文です(Urology 2007; 69: 163)。

ヘビースモーカー(20~40本/日)のED患者さん20人に、プロスタグランジンE1を海綿体内に投与して、超音波カラードプラ法で陰茎血流を測定しています。収縮期最高血流速度(PSV)と拡張期最低血流速度(EDV)は血液の循環を表わす指標ですが、タバコを吸っているときはPSVが正常なのは20人中10人(50%)だけ、EDVが正常なのは20人中5人(25%)だけでした。ところが、禁煙して24時間から36時間たつとPSVは20人全員が、EDVは17人(85%)が正常域に入っていました。

禁煙してたった24~36時間でも陰茎血流は改善することが分かりました。長年吸ってきたタバコ、今さら禁煙してもすぐには効果ないさと言ってきたあなた、禁煙しない言い訳がまた一つ減りましたよ。

熱いお風呂は今日からやめましょう


熱が精子を作る働きに悪影響を及ぼすことは良く知られていますが(最近では膝の上に置いたノートパソコンからの熱が注目されましたね)、今回は熱いお風呂に入るのを止めると精液所見が改善するかをみた研究を紹介します(Int Braz J Urol 2007; 33: 50)。

男性不妊症の患者さんのなかから、(1)体温以上に熱い風呂に、(2)週30分以上、(3)3ヵ月以上、入っているという条件を満たした方を探したところ、11名の男性が見つかりました。熱い風呂に入るのを止めてもらったところ、総運動精子数(精液量x精子濃度x運動率)が2倍以上に改善した人は5名(45%)だったそうです。この5名では、総運動精子数は熱いお風呂に入っていたころの4.9倍に増えましたが、それは精子数が増加したことより、精子運動率が上昇したことによるものでした。

この研究は観察期間が3ヵ月と短かったり、調べた人数が少なかったりと問題がないわけではありませんが、熱いお風呂に入るのを止めるだけで、短期間に精液所見が改善する可能性を示しています。さらに、精液所見が改善した人としなかった人の違いをみてみると、改善した5名のなかにはたまにタバコを吸うことがあるという人が3名いただけなのに、改善しなかった6名のうちの5名はヘビースモーカーだったそうです。熱いお風呂と一緒に喫煙も止めないといけませんね。どちらも今すぐ出来て、お金もかかりません。早速、今日からやってみてはいかがでしょうか。

禁欲は3日以内に!


先日、「排卵日に合わせてぐぅーと溜めてガンバっています」というご夫妻が受診に来られました。まだそんなことを信じているのかとびっくりしたので、今回はどれぐらいの禁欲期間が妊娠しやすいのかの話題です。

Fertility and Sterilityという学術雑誌に2005年に掲載された論文(2005; 84:678)ですが、 417カップルの929回の人工授精について(1)禁欲3日間以下、(2)禁欲4日から10日、(3)禁欲10日以上の3つのグループに分けて精液所見と妊娠率を比較しています。その結果は、禁欲日数が長くなると精子の数は増えるものの、動きが悪くなり、妊娠率は(1)禁欲3日間以下のグループでは14%、(2)禁欲4日から10日では10%、(3)禁欲10日以上になると3%でした。さらに詳細にみてみると、禁欲1日以下が妊娠率19%と最も高く、反対に14日以上の禁欲で妊娠した例は1例もありませんでした。

この論文では人工授精の妊娠率の比較をしていますが、結果は自然妊娠にもあてはまると考えられます。妊娠を望まれるときは禁欲期間は3日以内にされるのが良いでしょう。

ブログにも掲載しています!

男性不妊専門 天神つじクリニックブログ