男性不妊症・男性更年期障害・泌尿器科の検査・ご相談は土曜日も診療、天神つじクリニック

男性不妊症

精液検査

精液検査は、男性不妊症の診断・治療において最も基本となるものです。当院では、WHO精液検査ラボマニュアル第5版(2010年)に準拠して詳細な精液検査を行っています。
精液は、精液採取室(プライバシーの保たれた防音室)にて、ご自分で採取容器に全量を採取していただきます。2〜7日間の禁欲期間が適当とされていますが、当院では2〜3日間の禁欲での検査を推奨しています。また精液所見は変動することがあるため、少なくとも2回は検査する必要があります。検査は、精液採取室に隣接した検査室で行うため、採取容器を搬送していただくことはなく、精液が他人の目に触れることもありません。結果が出るまでに1時間ほどかかりますので、その間は外出されてかまいません。
当院では以下の項目について精液検査を行っています。

精液検査項目

採取した精液を,室温にて15~60分間静置したのち,十分に液化,均一化させて検査します。

肉眼所見正常は乳白色~白色です。血液が混じっていれば血精液、白血球が混じっていれば膿精液と診断されます。
精液量重量法により測定します。精液量の基準値は1.5ml以上です。
pH射精後1時間以内に、pH試験紙を用いて測定します。
精子運動率精液を400倍の顕微鏡下に観察し、前進運動精子、非前進運動精子、不動精子の割合を算出します。当院では、精子の運動性を前進運動精子(活発に直線的あるいは大きな円を描くように動いている精子)で評価しています。精子運動率(前進運動率)の基準値は32%以上です。
精子濃度精子の動きを止めて、計算板を用いて精子数を算出します。精子濃度の基準値は1ml中1,500万個以上です。精子が見当たらない場合は、精液全量を遠心分離して、それでも精子がいないかを確認します。
精子正常形態率精子を染色して、Krugerらのstrict criteriaに準じて精子形態を分類します。精子正常形態率の基準値は4%以上です。

正常形態精子

奇形精子1

奇形精子2


精子生存率動いていない精子は、生きているのか死んでいるのか分からないため、精子を染色して、生存を確認します。死んでいる精子は頭の部分が赤く染まります。精子生存率の基準値は生きている精子が58%以上です。
白血球数精液中の白血球を染色して数えます。白血球数は1ml中に100万個以上あれば膿精液症と診断されます。

精液検査の基準値


実は日本人男性の精液所見の平均値(正常値)というのは分かっていません。それは普通に妊娠した男性は精液検査を受けることがないからです。
以下の精液検査の基準値は最低限のレベル(これ以上はないと妊娠がむずかしい)を示したものです。

精液量1.5ml以上
pH7.2以上
精子濃度1ml中に1,500万個以上
総精子数3,900万個以上
精子運動率32%以上
精子正常形態率4%以上
精子生存率58%以上
白血球数1ml中に100万個以下

精液所見の表現

正常精液総精子数が3,900万個以上と前進運動精子が32%以上、形態学的に正常精子が4%以上
乏精子症総精子数が3,900万個未満【動画
精子無力症精子運動率が32%未満【動画
奇形精子症形態正常精子が4%未満
無精子症射精液中に精子が無い

精液異常の頻度

男性不妊症外来を受診される患者さんの精液所見はだいたい次のようだとされています。とくに、精液中に精子がまったくいない「無精子症」の男性が10~15%もいらっしゃることに注目してください。

正常55%【動画
精子無力症26%【動画
乏精子症8%【動画
乏精液症2%
奇形精子症1%
無精子症10〜15%