男性不妊症・男性更年期障害・泌尿器科の検査・ご相談は土曜日も診療、天神つじクリニック

学会情報他

オプトアウト文書

2003年7月から2020年3月までに,天神つじクリニックおよび恵比寿つじクリニックにおいて,非閉塞性無精子症と診断された患者さんへのお知らせ

 当院では,以下の臨床研究を実施しております.この研究は,通常の診療で得られた過去の情報の記録に基づき実施する研究です.このような研究は,「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(平成26年12月22日制定 平成29年2月28日一部改正)」により,対象となる患者さんのお一人おひとりから直接同意を得るのではなく,研究内容の情報を公開するとともに,参加拒否の機会を保障することとされています.この研究に関するお問い合わせ,また,ご自身の診療情報が利用されることを了解されない場合は,以下の問い合わせ先にご連絡ください.利用の拒否を申し出られても何ら不利益を被ることはありません.

1.研究課題名
精巣超音波検査による非閉塞性無精子症の造精機能評価と精子回収予測:
後ろ向き研究

2.研究期間
2019年1月~2021年12月

3.研究機関
天神つじクリニック、恵比寿つじクリニック

4.実施責任者
天神つじクリニック 副院長 庄 武彦

5.研究の目的
高度の造精機能障害が原因の非閉塞性無精子症でも,顕微鏡下精巣内精子回収術(microdissection testicular sperm extraction, micro-TESE)が導入されてから,20-40%の確率で精巣内精子が回収されるようになりましたが,手術前に精子の回収を予測することは未だに出来ません.
われわれは,術前に行った非侵襲的な検査である超音波検査の精巣内画像から,顕微鏡下精巣内精子回収術の精子回収を予測することができないか解析を行っています.本研究の目的は,手術前に精巣内の超音波画像を評価することにより精子回収の予測を行う事で,非閉塞性無精子症の治療をより的確に進めるための有用な情報を提供することにあります.

6.研究の方法
 2003年7月から2020年3月の間に,天神つじクリニックおよび恵比寿つじクリニックにおいて,非閉塞性無精子症と診断され顕微鏡下精巣内精子回収術が行われた患者さんの診療記録(カルテ)を基に集計します.術前の超音波画像をPC(パソコン)で画像処理し,その結果と年齢,現病歴,既往歴,内分泌(ホルモン)検査を含む各種検査の結果と精子回収の有無を比較します.研究のために,新たな診察や検査,治療などを受けて頂く事はありません.

7.個人情報の取り扱い
 個人情報の公開はいたしません.データの解析の際には対象者を特定できないように氏名、住所などの個人情報を全て匿名化します.この研究で得られたデータは,研究終了後5年間(もしくは当該研究の結果の最終の公表について報告された日から3年間)保管した後に,匿名化を確認した上で廃棄します.また,ご自身の診療情報を研究で使用されることを希望されない方は,下記問い合わせ先にご連絡下さい.本研究からは除外させていただきます.

8.問い合わせ先
天神つじクリニック 庄 武彦 電話:092-739-8688 

9.その他
研究への参加に対する直接的な利益はありません.また,費用の負担や謝礼もありません.本研究において,天神つじクリニック,恵比寿つじクリニックおよびいずれの研究分担者も利益相反関係にある企業等はありません.

PDFの文書はこちらから→研究情報の公開について(オプトアウト)