男性不妊症・男性更年期障害・泌尿器科の検査・ご相談は土曜日も診療、天神つじクリニック

泌尿器科

前立腺がん検診について

前立腺がんについて

かつて前立腺がんは日本人においてはそれほど多い病気ではありませんでした。
しかし、最近はもっとも増加している「がん」のひとつとして注目を集めています。
1975年には前立腺がんの患者さんは約2,000人でしたが、2000年には11倍の約23,000人へと増加しました。2020年になるとさらに増加して78,000人以上となり、男性の「がん」の中では肺がんに次いで2番目に多い「がん」になると予測されています。
また、前立腺がんの死亡率(年齢調整)も2020年には2000年の約1.4倍、死亡数は約2.8倍になると推測されています。
このように急激に増加している前立腺がんですが、早期に治療すれば他のがんに比べて経過は良好なことが知られています。前立腺がんの早期発見のため50歳以上の男性は「前立腺がん検診」を受けてください。

PSA(Prostate Specific Antigen、前立腺特異抗原)検査について

前立腺がんの検診では、採血だけですみ、診断精度が高いPSA検査が用いられます。
PSAは名前のとおり前立腺に特異的なたんぱく質の一種で、前立腺がんの細胞ではPSAが大量に作られるため、がんができると血液中のpsaが高くなってきます。
血液中のPSAの値が4 ng/mLより高ければ「がん」が疑われ、PSA値が高くなるにしたがって「がん」の確率も高くなります。
しかし、PSA値が4 ng/mLより高いからといって、必ずしも前立腺がんだとは限りません。
前立腺肥大症や前立腺炎でもPSA値が高くなることがあります。
PSA値が4 ng/mLより高い場合には、二次検診(精密検査)として直腸診(触診)や経直腸超音波検査(エコー)などを行います。
二次検診でも前立腺がんが疑われれば、顕微鏡でがん細胞がないか調べるために組織を採取する「前立腺生検」という検査が必要になります。

前立腺生検

指の太さくらいの棒状の超音波の器械を肛門から挿入し、前立腺を画面に映しながら、「がん」ができやすい部位や「がん」が疑われる場所から、細い針を使って前立腺の一部を取ってきます。
採取した組織を顕微鏡で調べて、「がん」があるかどうか、また、「がん」があった場合にはその悪性度を診断します。
生検は直腸から針を刺すやり方と、会陰部(陰嚢と肛門の間)から針を刺すやり方がありますが、当院では痛みが軽い前者の方法を採用しており、入院なしで日帰り検査が可能です。検査の結果が分かるのには1週間くらいかかります。